妊娠中に脱毛はできる?控えるべき理由と出産後の脱毛の適切なタイミングをお伝えします

妊娠おめでとうございます。

妊娠中はホルモンバランスの揺らぎによっていつもよりも体毛が濃く見えたり、生えてくるスピードが速いと感じることがあるため、

「この時期でも脱毛できるのかな…?」

と悩み・ギモンを抱くことも多いのではないでしょうか?

妊娠中は心身ともに敏感になっている時期でもあるため、体毛が濃く見えることやムダ毛が生えてくるスピードが速いと、脱毛を受けて癒しやリフレッシュしたいと考えるものですよね。

今回のコラムでは、妊娠中でも脱毛ができるのか、出産後の脱毛にベストなタイミングを合わせてご紹介。

大切なお肌の美しさ・健やかさを守るために、妊娠中の脱毛に関する基礎知識をぜひ最後までチェックしてくださいね。

妊娠中の脱毛はNGだった!?控えるべき理由とは?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通っている最中に妊娠がわかったり、妊活の予定がある女性の場合は、脱毛を安心に受けられるのか、不安な点がいくつもあるのではないでしょうか?

実は妊娠中の脱毛は、サロン・クリニックともにお休みをすることが基本、推奨されていて、それにはいくつもの理由があるからなんです。

ここではどうして妊娠中の脱毛をおやすみするべきなのか、気になる理由をわかりやすくお伝えしていきますね。

ホルモンバランスの影響で肌荒れしやすいため

妊娠中に脱毛を受けることがNGと推奨されているのは、ホルモンバランスの揺らぎがもっとも大きな理由。

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、これまで以上にお肌の状態がデリケートになっているため、そこに脱毛をしてしまうと肌荒れが出たり、今あるお肌トラブルの悪化につながる心配があるんです。

妊娠中のホルモンバランスの乱れは、毛周期も同じように影響を受けてそのサイクルが揺らぎやすくなっているため、脱毛本来の効果を活かすことができなくなってしまうおそれも。

脱毛はそれなりの期間、コストをかけて行うメソッドでもあるため、効果をしっかりと引き出し、お肌に安心・安全な施術を受けるためには、妊娠中の脱毛は避けた方が安心なのです。

心身への負担を感じやすいため

脱毛はリラックスして受けることがどんな女性にとっても理想ではないでしょうか。

脱毛を受ける施術は、お手入れをするパーツによっても変わってくるのですが、基本的にはずっと同じ体勢でそれなりに長い時間を過ごす必要があります。

お腹が大きくなってくると、お腹のハリやカラダの重さがストレスに感じることもあり、体勢を自由に変えられない脱毛の施術は、血行の悪さやむくみなどのトラブルにつながってしまうことも。

妊娠中の脱毛は、リラックスしての施術が難しいため、心身の負担になりやすいことから施術は受けない方が良いとされているんですよ。

お肌の乾燥によって痛みが出やすくなるため

脱毛の痛みに関しては、慎重になっている女性も多いのではないでしょうか?

妊娠中の女性のお肌は、妊娠をする前に比べるとお肌が乾燥しやすく、敏感になっていることがほとんどなんです。

乾燥しているうるおい不足のお肌は、脱毛の光や熱のダメージ・刺激からお肌を守るためのバリア機能が低下している状態でもあるため、妊娠中の脱毛はちょっとの施術でも痛みを感じやすくなります。

また乾燥したお肌に、脱毛によるお手入れをしてしまうと、敏感なお肌状態になっている分赤みやかゆみなどが出やすくなることから、妊娠中の脱毛はお休みすることが安心なのです。

出産後はどのタイミングで脱毛できるの?

妊娠のホルモンバランスによって濃く見えたり、生えるスピードが速いと感じる体毛は、少しずつもとの毛質に戻っていくのですが、このリズムには個人差があるため、産後は早めに脱毛を受けたいと願う女性も少なくはありません。

また出産後は育児を第一優先して過ごすことが自然なので、ムダ毛のお手入れに時間が取れないことから、脱毛を受けてお手入れできないことをカバーしたいと思うこともあるでしょう。

では出産後は、どのタイミングで脱毛を受けることが可能なのでしょうか。

ここでは出産後の脱毛に適したタイミングをお伝えしてみたいと思います。

生理の再開で脱毛がOKになる

出産後の脱毛は、脱毛サロンやクリニックによって目安のタイミングが変わってくることがあるのですが、石川県金沢市・小松市のトータルビューティーサロン「solve(サルブ)」では、生理の再開または授乳が終わったタイミングで施術が可能になっています。

出産後に生理が再開したり、授乳が終わるタイミングにも人それぞれに個人差があり、産後3ヶ月~1年程度で脱毛できる状態になる人もいれば、逆に産後2~3年程度で脱毛できる状態になる人もめずらしくはありません。

脱毛はそれぞれの体調やお肌状態に合わせて、サロンやクリニックで相談をしながら適切なアドバイスを受けて始めることがベストな選択。

石川県金沢市・小松市のトータルビューティーサロン「solve(サルブ)」のレディース脱毛は、産後のお客さまのお肌状態をじっくり丁寧に確認し、適切な再開時期の相談・アドバイスも行っています。

大切なお肌を守り、美しいコンディションを維持していくためにも、出産後の脱毛は決して自己判断をせずにお気軽にご相談・お問い合わせをしてくださいね。

授乳中なら脱毛できるの?

授乳中は妊娠中ほどではないものの、ホルモンバランスが安定していない時期になります。

そのため、ほとんどの脱毛サロン・医療脱毛クリニックでは授乳中の施術を受けることができないのが一般的です。

授乳中でも比較的お肌や生理のサイクルが安定している場合は、施術を受けられるケースもありますが、特にお肌が敏感になっているバストトップやワキなどのパーツは、脱毛のお休みをアドバイスされるのが通常なんですよ。

心身の安定を待って脱毛を受けることがベスト

妊娠から出産、産後までの期間は、たくさんのエネルギーを使う時でもあるため、心身が本来のコンディションになるまでにはそれなりの時間がかかるものです。

妊娠から出産、産後によるダメージの大きさと、これから始まる育児や疲労に考慮して、体力が回復するまでは脱毛を受けることをおやすみするのがベスト。

心身の状態が安定してこそ安心に脱毛を受けられ、痛みや効果が出ないなどのトラブル予防にもなるため、今のお肌や心身の状態を見つめ直してから脱毛をスタートしましょう。

~おわりに~

妊娠中の脱毛は、お肌はもちろんデリケートになっている心身のコンディションを考えると、おやすみするのがベストなのだと納得できたのではないでしょうか。

石川県金沢市・小松市に展開しているトータルビューティサロン「solve(サルブ)」では、妊娠がわかってサロンに報告してくれた場合に、1年間もの施術を有効期間を伸ばすサービスをとっています。

1年という長い期間があれば、ホルモンバランスや育児もそれなりに落ち着き、ベストなコンディションで「solve(サルブ)」のお手入れをスタートすることができると感じませんか?

生理が再開したら脱毛ができることを、それぞれのお客さまに合ったタイミングでお伝えしていますので、妊娠中はsolve(サルブ)での脱毛スタートを楽しみに待つ期間と前向きに受け止めていただければと思います。

産後のお肌コンディションが整った時点でのsolve(サルブ)での脱毛お手入れを楽しみに待ちながら、妊娠中の今は健やかで安定したプレママ期間を過ごしてくださいね。

関連記事

  1. 海外の気になる脱毛事情|日本人女性との脱毛意識や方法の違いを…

  2. モンテセラピーとは?効果とメリット、solveのこだわりを合…

  3. 光フェイシャルでキレイを底上げ!効果やメリット、デメリットを…

  4. ファスティングドリンクで心身ともにスッキリ!効果とやり方、目…

  5. 夏のお肌に必要なお手入れとは?夏のお肌の正しいお手入れ法【ま…

  6. 脱毛しても効果がない…?気になる原因と脱毛効果を実感するため…

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせはフォームよりお気軽にお問合わせください

ご予約・お問い合わせ