オススメの書籍

相田みつをに触れ見る

休業宣言から、公共機関に出向くも

思い通りに行かない事ばかり😅

こんな時は、色々振り回されてばかりじゃなく、作戦を練るときだと言う経営者の方の助言など、前向きな方もたくさんいる😃

今日は、空き時間にこれを見て

心を落ち着かせました🌱

相田みつをさんの息子さんの記事が、

目に止まりました^_^

【いのちの根】

「なみだをこらえて

 かなしみにたえるとき

 ぐちをいわずに

 くるしみにたえるとき

 いいわけをしないで

 だまって批判にたえるとき

 いかりをおさえて

 じっと屈辱にたえるとき

 あなたの眼のいろが

 ふかくなり

 いのちの根が

 ふかくなる」

現象面だけみたら、非常に悲しいことやつらいことはたくさんありますが、それが結局人間というものの根を深め養ってくれる。不幸と思えることが幸福につながる。

つまり不幸も幸福も表裏一体であり、「しあわせはいつも自分のこころがきめる」というのが、父、相田みつをの生涯を貫く幸福観であったと私は思います。

息子さんの記事を抜粋させて頂きました。

この記事に色々、思う今日でした🌈

 

The following two tabs change content below.
keiko

keiko

keiko

最新記事 by keiko (全て見る)